からだの不調と東洋医学。

 

人はなぜ病気になるのでしょう?

 

 

①体に悪いウィルスなどが増え過ぎる事で病気になる(問題は環境にある)

 

又は

 

体に悪いウィルスなどは多くはないが、自分自身の体が弱る事で病気になる(問題は自分にある)

 

②ストレスで体のバランスが崩れ病気になる(問題は心にある)

 

③血液などの本来、流れる物が流れづらくなる事(滞る)で病気になる。(問題は血流にある)

 

簡単ですね。

 

 

ではどうすれば病気になりずらいか?

 

 

①に対しては

 

環境の悪い所には近づかない(環境を変える)

 

又は

 

生活習慣を整え、

体の免疫を落とさない又は高める努力をする。

(自分を変える)

 

 

②に対しては

 

ストレスの多い所には近づかない(環境を変える)

 

又は

 

ストレスの受け止め方を変える(自分を変える)

 

 

③に対しては

 

デスクやイスの高さ・休憩時間を工夫する。(環境を変える)

 

又は

 

日常生活に運動習慣を取り入れ、体中に血液をグルグル回す。(自分を変える)

 

 

結論

 

環境を変えるのか、自分自身を変えるのかの二択になってしまいました!