高橋先生の自己紹介

 

はじめまして、こんにちは。

鍼灸柔道整復師の高橋雅規です。

 

私がこの業界に入るきっかけは若い頃、交通事故に逢い退院後にリハビリの意味で通った鍼灸の先生の存在でした。
色んな経緯はさておき、心を強く持つ事が出来るようになりました。

 

資格取得の為の学校入試で、題名を選択し即興作文を作るものがありました。
三つ程あった題名の中で
『治療家として大事なもの』
を選び、今でも自分の治療家としての核である
『知識、技術、心が大切』
と言う内容の解釈を語り書きをしました。

 

元々は鍼灸治療を受ける患者側だった私は治療をする側となり
自分の不調も含め、色々な場所で沢山の方々の不調不安を診て、聞いて、向き合って来ました。
(変わったもの?だとお子さんの身長に関してとか。)
今でも多く診てるのは自律神経や腰の不調も然ることながら、ここ数年では頚や肩の不調がもっとも多いです。

 

そんな不調の原因が改善出来るよう
様々な知識や技術を
時に調べ、時に考え、時に再確認をし、
治療にあたってます。
独自の技術も生まれましたが
各々の状態で変化するので終わりはありません。

 

柔軟だけど強弱のある刺激で改善出来る所は
自分の技術の中でも最も得意分野であり、
安らぐ効果も感じられる『手当て=手技=ほぐし』を適度の強さで行います。
(余談ですがタッチセラピーというものがあり、触れられる事は安らぎの効果も生まれるとも言われ、NHKでも取り上げられた事があります。)

 

もっと深い筋肉に直接刺激を与えたい所には鍼を駆使し、さらに多くの温熱刺激を与えたい所にはお灸を用いて
みなさんの身体の不調を少しでも取り除けるように努力しています。

色々と省いたつもりですが長い紹介文になりました。
詳しくはお会いできた時に尋ねて頂ければお話し致しますし、機会があればブログにのせますね。
どうぞよろしくお願いします。