That’s 雑学 『冷えと…』

 

こんにちは、高橋雅規です。

 

今回は『冷えと痛み』について
私自身の対処方法を簡単にご紹介します。

 

ザックリとした考え方ですが

以前

筋肉はゴムの様な性質で

腱や靭帯はヒモの様な性質

とお伝えしました。

 

多くの方は

寝起き(朝方)の場合は

動かない事で血行が悪くなり

筋肉の貧血状態で冷えと痛みに、

 

 

夕方以降で身体に痛みが出る時は

『冷えた』事により血行が悪くなり

やはり筋肉の貧血状態に

なってる事が多いです。

 

 

そして『筋肉の柔軟性が悪く(=硬く)』なり

動く時に

筋肉はあまり伸びず骨を引っ張るので

動かせる範囲が狭くなる

もしくは

神経を圧迫してズキズキ痛む

ようになります。

痛い場所をじかに触ると冷たくなってると思います。

 

 

な・の・で…

そんな時は温めてあげましょう。

そこでセルフケアで有効的なものとして…

 

①お風呂orシャワーで全体的に温める。
・比較的に時間がある時に行って下さい。
・浴場に椅子があればシャワーの場合は転倒防止の為腰かけて下さいませ。

 

②ドライヤーで2~5分程温める
・近づけ過ぎると熱くなるので注意しましょう。
・だいたい5~10センチ程離すと良いかもです。
・冷えが取れない時は少し長めに対応して下さい。

 

③カイロで継続的に温める
・低温火傷には気を付けてください。

 

ただし。
触っても冷たくなかった時でも
温めて痛みが消える事もあります。

 

温める事により痛みがひどくなる時は
炎症を起こしている時なので、
直ちに冷しましょう!

 

動いても痛みや違和感が気にならなくなったら
ムリなく動ける範囲で
伸ばす、ひねるなどのストレッチで
5秒くらいをキープして
さらに柔らかさを馴染ませましょう。