子供の発育における島ぞうりの効果 草履を利用した裸足教育について

はじめに

◯ 子供の運動不足
遊び場の減少や学習塾の増加、テレビ・オンラインゲームの普及、車やバス による送り迎え、また更に現在は新型肺炎コロナウィルスの影響による外出 制限など、現代では子供が運動する機会が殆どありません。教育機関での カリキュラムだけでは十分な運動量を確保することは難しい時代となってお ります。

◯ 足の問題
最近は子供のころから足に負担の少ない靴で生活し、裸足になることが少 ないため、土踏まずが形成されにくく足をしっかり使うことができないケース が増えてきています。

◯ 健全な発育への影響
運動量が絶対的に足りず、さらに優しい靴を履き続けることで身体は歪みま す。それは健全な発育の機会を奪うばかりでなく、子供の肥満傾向を促し、 将来の生活習慣病へと繋がります。

どうしたらよいのか?
◯まずは履物を変えるという簡単な事から・・・
さまざまな問題を解決すべく、数々の教育機関では『正しい姿勢で足をたくさ ん使い運動量を増やす』ことに着目し、すでにアクションを起こし始めています。
まずは子供たちの上履き、あるいは登下校の履物として、ビーチサンダルや 草履など鼻緒付きの履物を使うところから裸足教育を行うところも増えてきて おり、その効果をまとめた学術論文も次のように発表されています。

「幼児の立位重心動揺および立位姿勢に及ぼす草履着用の影響」 「幼児の足裏形態および足圧中心への草履式鼻緒サンダル活用の効果」
宮口和義(石川県立大学教養教育センター)・出村慎一(金沢大学大学院 自然科学研究科)

◯島草履による効果
・履くだけで正しい姿勢になり自然と筋力を増やします
• 鼻緒のついた履物を履くことで、草履が脱げないように指を使い、また足の裏全体を使ってしっかり歩くようになります。
• 踏ん張る力も増え、足全体の筋力が強くなるために、バランス感覚も向上し結果、運動能力も向上します。
• 足を最低限守り、子供が持っている本来の能力を引き出します。
• 様々なタイプの草履はありますが、島ぞうりは費用が安く、また汚れたらタワシでゴシゴシ洗えて清潔です。

当院で販売中です。