『こり』について

「痛みの考え方」丸山一男著より

「こり」は筋肉が硬くなっている状態である。

筋肉が硬くなるのは最終的に正しくない姿勢などで前後左右の筋肉が伸ばされたり縮んだりすると筋紡錘という筋緊張という収縮をもたらすセンサーが反応することで起こる。

筋紡錘というセンサーを働かせなには「正しく姿勢を保つ」が正解。

正しく姿勢を保つための意識、筋力が必要ですね。