事故・疾病予防の対策

運動に伴う事故・障害を防ぐには、運動前に血圧などの値や体調を管理し、ウォーミングアップを必ず行うことが大切です。また運動中はいつもと違う症状や疲れに注意し、水分摂取を心がけます。運動後はクーリングダウンをしっかり行いましょう。

事故・障害予防のポイント

運動前・中・後にそれぞれのポイントを確認することが必要です。

運動開始前の準備

治療中の病気がある場合には、運動の可否・注意点について主治医について相談しておきます。

運動前の体調確認

当日の体調・血圧はどうか、治療中の疾患は安定しているか・内服は忘れていないか等の確認をし、ウォーミングアップ(準備体操)は必ず行ないます。

運動中の注意

胸痛や動悸など、いつもと違う症状や疲れがある場合は、すぐに運動を中止する必要があります。運動中は20分に1回程度は水分摂取を心がけましょう。

運動後の確認

運動を急にやめると心臓へ血液の戻りが悪くなり、不整脈を誘発することがあります。また血圧が急に低下し気分が悪くなることがあります。運動終了時には十分にクーリングダウン(整理体操)を行ないましょう。

ウォーミングアップとクーリングダウン

運動の前後にはストレッチ(柔軟体操)を行ないましょう。ストレッチを行なうことで、関節可動域柔軟性)の改善・筋緊張の低下・血流改善等が期待されます。その結果、障害予防に結びつきます。また有酸素運動もはじめから、目標の心拍数や適正負荷で行なうのではなくて、徐々に心拍数や負荷値を上げ、終了時もゆっくりと下げていきましょう。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-06-002.html