女性の睡眠障害

女性の体は「月経」「妊娠・出産」「閉経」を通して、大きなホルモン変化にさらされています。それに伴い睡眠も変調をきたしやすいのです。月経前には日中の眠気、妊娠中には日中の眠気や不眠、出産後は睡眠不足、そして更年期には不眠になりやすいという特徴があります。

月経前は、やたらとねむい

数ヵ月間、睡眠日誌をつけて月経日をマークすることで、月経周期と睡眠の変化の周期性に気づきましょう。月経前には日中に光を浴び、夜昼のメリハリをつけ、好きなことをして気分転換に努めましょう。体調にあわせて、仕事や休暇のスケジュールを考えることが重要です。不眠がつらい場合には少量の睡眠薬を、抑うつ感を伴う場合は抗うつ剤や低用量ピルも選択肢となるでしょう。

妊娠中も眠たくてぼーっとする

妊娠中は、できるだけ無理をしないように生活しましょう。15時以前であれば、短時間の昼寝はとってかまいません。運動を取り入れたメリハリのある生活を心がければ、よりよい睡眠の助けとなるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群が見つかったら、妊娠高血圧や胎児の発育障害が心配されますので、積極的に在宅持続的陽圧呼吸療法による治療を行うことが推奨されています。むずむず脚症候群に対しては、貧血の改善、マッサージから始めるとよいでしょう。

出産後は、まとめて眠れない

産後は生涯の中で最も急激な内分泌環境の変化が起こるだけでなく、育児中心の生活という大きなストレスにさらされます。夜間の授乳で睡眠が分断されるため睡眠不足に陥り、日中の眠気が増加します。子供と一緒に短時間の昼寝をしましょう。そして一人で頑張らずに周囲のサポートを得ましょう。

産褥3-5日頃によく発症するのがマタニティブルーです。主な症状は涙もろくなる・気分が落ち込む・眠れないといったものですが、通常は数日で自然によくなります。もし長引く場合には、早めに精神科を受診して下さい。

更年期は眠りが浅くなる

更年期女性の約半数が不眠になります。加齢により睡眠は浅く短くなりますが、のぼせ・発汗・動悸などがきっかけとなり、深く眠れないことが多いようです。これをきっかけに睡眠へのこだわりが強くなったり、不眠恐怖が生じて慢性化してしまうこともあります。更年期には女性ホルモンが激減するだけでなく、子供の独立や身体の衰えなど多くのストレスに直面し、様々な更年期症状が出現します。

治療

治療法ですが、基本的には不眠のタイプに応じた睡眠薬を用います。不安やうつ傾向などがある場合には、抗不安薬抗うつ薬を併用します。社会的役割が重い場合でも、周囲の協力を得て適度な休養をとるようにしましょう。こもりがちにならず、趣味やスポーツなどを楽しみましょう。のぼせなど血管運動神経症状が眠りを妨げている場合には、ホルモン補充療法が有効といわれています。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-005.html