特定健康検査の検査項目

特定健康診査は、いわゆる「健診」のことで、問診、身体測定、血圧測定、血液検査、尿検査などを行います。メタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を早期発見し、早期対策に結びつけることが目的です。

特定健康診査は、高齢者の医療の確保に関する法律に基づき、保険者が実施することになっています。標準的には、下記の特定健診の基本的な項目が実施されます(加入している保険者によって検査項目が異なる場合があります)。

メタボリックシンドロームの対策が目的の一つとなっているために、俗に「メタボ健診」と言われることもありますが、メタボリックシンドロームがわかるだけではありません。肥満を伴わない、高血圧糖尿病脂質異常症や、腎臓、肝臓の検査項目も含まれています。

特定健康診査の検査項目

特定健診の基本的な項目

既往歴(服薬歴、喫煙習慣を含む)

自他覚症状(理学的所見)

身長・体重・腹囲・BMI

血圧

肝機能(AST (GOT)ALT(GPT)γ-GT(γ-GTP))

脂質(トリグリセライドHDLコレステロールLDLコレステロールまたはNon HDLコレステロール)

血糖(空腹時血糖またはHbA1c

尿糖・尿たんぱく

詳細な健診の項目

心電図・眼底・貧血・クレアチニン

また、検査項目には喫煙習慣の有無も入ります。喫煙は、動脈硬化の進展や脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを高める原因になるためです。

健診結果には、要注意の段階から異常のマークがつくので、異常のマークがあったら、それに対するアドバイスをよく読んでください。「精密検査を受けてください」「治療を受けてください」というようなアドバイスがある場合には、健診結果を持って医療機関を受診してください。

特定健康診査で見つかる高血圧や糖尿病、脂質異常症等の生活習慣病は、初期には症状がありません。症状がないからといって、特定健康診査を受けないでいると、症状が進行してから病気が見つかったり、脳卒中や心臓病などの病気になってから見つかる場合があります。ふだん持病などで医療機関にかかっている人も含めて、特定健康診査は、年に1回、必ず受診してください。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-04-005.html