食物と薬の相互作用(理論編)

食物と薬の相互作用において、

体の状態により薬が効かなかったり、効きすぎたりするようです。

1. 食事の有無や特定の食事によって薬物の吸収量や吸収パターンが変化してしまう

2. 食品中の特定成分が薬物の代謝に影響を与える(グレープフルーツジュースとカルシウム拮抗薬)

3.栄養状態の変化によって薬の体内分布が変化する(低栄養状態と血中薬物濃度上昇、肝臓薬物代謝活性低下)場合に分類できます。

食事との食べ合わせでも薬と食品成分の拮抗作用によってもたらされる相互作用が多く見られます(ビタミンKとワルファリン、アルコールと薬物)。

グレープフルーツジュースと血圧降下薬であるジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬の同時摂取により血中濃度が上昇して、薬の効きすぎ状態になり低血圧症状を呈してしまう事例がそれに該当します。

病中の栄養不良や高齢者などで起こりやすい低栄養状態では、血中たんぱく質濃度が低下することによる遊離薬物濃度の上昇と、肝薬物解毒代謝活性の低下により、薬の効きすぎ状態を招きやすくなります。

ビタミンKあるいはビタミンKを多く含む食品(納豆やブロッコリー、モロヘイヤなどの緑色野菜、クロレラなどの健康食品など)の摂取による抗血栓薬ワルファリンの効果の減弱例が有名です。ワルファリンの抗血栓効果は、一連の血液凝固反応において、ビタミンKの働きを阻害することによってもたらされており、食物からビタミンKが供給されることによって拮抗的に効力が減弱することに起因する現象です。

甘草(グリチルリチン酸)による降圧薬作用の減弱

アルコール摂取による睡眠薬や向神経薬の作用増強

抗生物質や経口糖尿病薬による悪心・二日酔い様症状など

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-06-002.html