島ぞうりでランニング

私の親友より
2022年9月に開催される
信越五岳トレイルランニングレース(110km)の残り50キロを一緒に走るペーサーの誘いがあり、迷った末にやると決断。
コロナにより大会も無かったので、サボり癖が付いていたので良い機会となる。
コロナ前は毎年一緒に参加していたが、夜中の山を50キロ走るのに私は毎年ビビっていた。

2022年4月25日練習スタート
山のレースとなるので体に少し負荷を入れるために、ランニングシューズを島ぞうりに変える。
高洲海浜公園の高台の階段の登り降りを入れる。
島ぞうりで走ってみると分かるが、いかにランニングシューズのクッション性が高いのかが分かる。
島ぞうりの場合、緊張感を持って丁寧に脚を付いていかないと凄い衝撃が脚にくる。
老体の脚に痛みが来ないかビクビクしながら一ヶ月を過ごす。

「今月の練習」
島ぞうりで150km
階段往復230回
「今月の学び」
階段を登る時にお尻〜もも裏が硬く、お尻〜もも裏の筋肉が上手く使えず膝を使い痛みを感じた。
膝痛の一つのメカニズムを体で理解出来た。

https://sfmt100.com/